ゼニカル ジェネリック

ゼニカルのジェネリックの効果とは

ゼニカルというのは、スイスの製薬会社が開発した脂肪の吸収を抑制してくれる医薬品です。

 

日本ではまだ認証されていませんが、アメリカではすでに認可されており、肥満治療に役立てられています。

 

ゼニカルは脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑制するため、脂分が体内に吸収されずに、体外に排出します。

 

ゼニカルを服用すると食事により摂取した脂分の約30%の吸収を抑えることができます。

 

そのため、肥満症、高血圧、糖尿病などの改善治療薬として医療現場で役立てられています。

 

日本では未認可のため、一部のクリニックでの処方か、個人輸入での購入ができます。

 

クリニックでの処方は、価格が高いのですが、医師に相談の上で服用できるという安心感があります。

 

個人輸入での購入は、価格は安いのですが、全て自己責任となります。

 

インターネットでの個人輸入の場合には、偽物も多く出回っているので、注意が必要です。

 

ゼニカルは1998年から販売が開始された医薬品です。

 

そのため新薬の特許により守られていますが、一部後進国では、この特許がなく、ゼニカルの後発医薬品(ジェネリック医薬品)が出回っています。

 

後発医薬品は、先発医薬品と同じ成分を使用した医薬品で、臨床試験などの研究費用が掛かっていない為、安く購入できるというのが最大の特徴です。

 

ゼニカルの正規品は1箱42錠が4300円前後なのに対し、ゼニカルのジェネリック医薬品の中でも最も安い「オルリファスト」は1箱30条で2100円前後と継続しやすい価格が魅力です。

 

しかし、ジェネリック医薬品と謳って偽物を販売している悪い業者も多いのが現実です。

 

価格の安さは魅力的ですが、安心・安全を考えると、多少高くても正規品を購入した方が良いかと思います。

 

また、大手の個人輸入サイトでは、成分分析をきちんと行い、その結果が記載されています。

 

そのような情報から信頼できる業者を探すのも安全に利用するうえで重要になるでしょう。

 

>>ゼニカルの詳細はこちら<<