ゼニカル 飲み合わせ

ゼニカルの飲み合わせの注意とは

昔から様々なものに、組み合わせというのがあります。

 

食事でもそうですし、薬でもそうです。

 

薬の場合は飲み合わせということになりますが、飲み合わせが悪いと、期待された効果がでない、もしくは効果がですぎてしまう、最悪の場合は予期していない副作用などを引き起こしてしまうということが予想されるのです。

 

そんなゼニカルですが、ゼニカルにもよくない組み合わせが存在します。

 

飲み合わせとして、よくないといわれているのはワルファリン、ワーファリン、ヘパリンといった抗血栓薬などになります。

 

また甲状腺といった病気を患っている方はゼニカルを服用してはいけないといわれています。

 

それは甲状腺の病気自体が肥満の原因となっているのですが、その治療のために使用されるシクロスポリンとの飲み合わせが悪いといわれているからなのです。

 

シクロスポリンとゼニカルを同時に使用をした場合、血漿レベルに低下がみられるという報告がされているからと考えられます。

 

そのため、同時に服用をする際は、2時間程度の間隔をあけて飲むという注意が必要となります。

 

また飲み合わせとは直接的には違ってきますが、母乳をあげている人もゼニカルは飲むのはよくありません。

 

ゼニカル自体は半減期まで数時間と短いですし、最大でも数日で体内からぬけていきます。

 

母乳への影響もはっきりとはしていませんが、影響がないと証明されたわけでもありません。

 

また栄養素の吸収が阻害されてしまうことにもなりますので、授乳中はさけるべきと言えます。

 

さらにアレルギー症状がある人も、直接自分で判断をしての服用は避けるべきと言えます。

 

薬、染料といったものにアレルギー症状を示したことがある人は、かならず医師に相談をした上で服用をするようにしましょう。

 

ゼニカルは個人輸入代行を使用すると、かなり気軽に入手できるダイエットピルになります。

 

しかしあくまでゼニカルは医薬品になるため、こういった飲み合わせに対する注意が必要となります。

 

>>ゼニカルの詳細はこちら<<