ゼニカルの添付文書

ゼニカルの添付文書を確認しよう

ゼニカルの添付文書には、服用に際しての重要なことが記されてあります。

ですが、個人輸入で手に入れた場合、日本語の解説書は期待できません。

ゼニカルは米国FDAに認可されたとても安全な医薬品ですが、やはりより安心して使用するためには添付文書の内容が気になるところです。

ここでは添付文書の内容を日本語化したものを、わかりやすく解説します。

ゼニカルは脂肪の吸収を抑制することによって肥満をコントロールするためのリパーゼ抑制に働く医薬品です。

作用のメカニズムとしてはシンプルです。、

ゼニカルはリパーゼの抑制に働き、胃やすい臓のリパーゼのセリン残基と共有結合をすることで、胃や小腸の管腔で治癒効果を発揮するのです。

不活性化された酵素は脂肪を分解することができません。

不消化の脂肪は吸収されず、排出されのます。ゼニカルの服用を通じてカロリー不足になることは、ダイエットに効果を示すことに結びつくことになるのです。

ゼニカルの推奨の使用量としては、1日3回120mgが設定されています。ですが、日本人の場合は1日1度が良いとされている場合もあります。

ゼニカルの主成分であるオルリスタットは脂肪の吸収を約30%抑制するのです。

ゼニカルはウェイトロスや肥満の方の体重コントロールに使用されるものです。

カロリーコントロールとともに用いるべき医薬品です。

ゼニカルはまた、ウェイトロスを行ったあとのリバウンドの可能性を減少させることもできます。

ゼニカルは特に、BMIが30kg/m2以上、または27kg/m2以上の高い肥満の方で、成人病などのその他の危険因子のある肥満の方のために作られた医薬品なのです。

推奨されるゼニカルの服用量は、120mgを1日に3回が限度とされています。

脂肪を含む主な食事の際、あるいは食事直後に服用します。

ゼニカルを服用する際には食事の栄養バランスを考え、脂肪の多く含む食品などは減らすようにして下さい。

脂肪、炭水化物、タンパク質は3回の食事で分散してとるようにして、特にビタミンはふんだんに摂取しましょう。

>>ゼニカルの詳細はこちら<<